きゃりーぱみゅぱみゅ「なんだこれくしょん」(2013/6/26)


1.なんだこれくしょん
2.にんじゃりばんばん
3.キミに100パーセント
4.Super Scooter Happy
5.インベーダーインベーダー
6.み
7.ファッションモンスター
8.さいごのアイスクリーム
9.のりことのりお
10.ふりそでーしょん
11.くらくら
12.おとななこども


今やすっかり若者世代のポップアイコンとなったきゃりーぱみゅぱみゅの2ndアルバム。オリジナルアルバムは前作「ぱみゅぱみゅレボリューション」以来約1年ぶりとなるリリースですが、その完成度は前作からさらにパワーアップ。「ファッションモンスター」や「にんじゃりばんばん」、「インベーダーインベーダー」などCMソングとしてお馴染みの曲が一挙に収録された他、アルバム曲も申し分ないクオリティとなっています。

そんな中でも今作注目の1曲はプロデューサー、中田ヤスタカの所属するグループ、capsuleのカバーである「Super Scooter Happy」。この曲は抜群にポップな可愛らしい曲で原曲で十分にいい曲なのですが、きゃりー版はよりポップに振り切っており、可愛らしさが強調されたアレンジになっています。きゃりーの雰囲気にあった良カバーです。その他アルバム曲ではカッコよさの際立つサウンドが印象的な「さいごのアイスクリーム」と、どこか切なげな雰囲気な曲と歌詞の「おとななこども」が良いですね。特に「おとななこども」は配置が良いと思います。最後に王道的なこの曲があることで聴き終わりがくどくなくてちょうどいいです。

そして、今作に収録された5曲のシングル曲。正直、個人的にはCMでかかりすぎて若干食傷気味でした…(特に「にんじゃり」と「インベーダー」)。ただ、そんな曲たちもアルバムで改めて聴くとなんかいい曲な気がしてくるからヤスタカさんの力は恐ろしい。「インベーダーインベーダー」はフルで聴くと印象変わりますね。この曲、結局トータルするとイェイイェイ、キュッキュッ、だっだっだっだと言ってるだけなんですが、黙って聴いていると何故か切ない気分になってくる気がする。特に大サビの前のメロディアスな部分なんて、きっとこの子が世界征服に至るまでには何か涙無しには聴けないような理由があるに違いないと思わせられます。自分でも何言ってるかよくわかりませんが。


というわけで、「なんだこれくしょん」ですが、全編「み」の音だけで通す「み」などはあるものの、前作よりは遊びが減ったような気がしますね。といいますか、どの曲もクオリティ高くて結構正統派な感じです。気合い入れて作られていていいアルバムだと思います。オススメです。


それにしても、ヤスタカさんの曲の世界観に合わせてきゃりーがキャラを演じ切っている様はなかなかすごいですね。ですが、その徹底したキャラクターはこれからどうなっていくのでしょうか。個人的には、彼女にはヤスタカ曲の伝道師としてまだしばらく突き抜けていってほしいです。