Linked Horizon「自由への進撃」(2013/7/10)

本日、年末の恒例行事である紅白歌合戦の出場者が発表されました。

今年も初出場、落選、常連組の出場継続等々ありましたが個人的にも最も衝撃だったのは断トツでLinked Horizonの初出場。



Linked Horizonはネットを中心に絶大な支持を集める音楽ユニット、Sound Horizonの音楽クリエイターであるRevoのタイアップ用別名義。昨年にゲーム「ブレイブリーデフォルト」とのタイアップをきっかけに発足したもので、今年になってからはアニメ「進撃の巨人」とのタイアップで活躍し注目を集めていました。

個人的に断トツで驚いた、と書きましたがリンホラの初出場は私に限らずネット中心に多くの人に衝撃を与えたのではないのでしょうか。まさか紅白に呼ばれるとはこれっぽっちも思っていませんでしたし、メディア露出が限定的なRevoがオファーを引き受けるとは思いもしませんでしたね。まぁ、「進撃の巨人」は社会現象レベルの大ブームになったし、その主題歌である「紅蓮の弓矢」を収録したシングル「自由への進撃」は初動のみで12万、累計は20万枚を超えるヒットでアニメソングとしては今年一番の売り上げ。話題性は抜群でセールス的にも紅白出場歌手としてまったく申し分ないですが。

Revoは紅白歌合戦出場歌手の発表会見を欠席したということですが『大晦日には紅白スペシャルバージョンを用意する』とのコメントを寄せたそうな。紅白での披露楽曲は間違いなく「紅蓮の弓矢」だとは思いますが、せっかく紅白に出るんだし、ここはド派手で尚且つコッテコテの演出で決めてもらってサンホラーを大いに沸かせていただきたいところ。お茶の間がどんな顔をするのか今から楽しみです(いい意味で)

それにしても、先から「紅蓮の弓矢」を何度かリピート再生してるけど、これ20万枚売れるってすごいな。いや、かっこいいけどさ、「エルの楽園」とか聴いてた頃にはもっとマニア層で崇められる存在であって、こんな広くバカ受けしてるとは思いもよらなんだ。