先日、喉頭がんを発表し今後治療に専念するため休養を発表したつんくさんですが、そんなつんくさんがTSUNKU名義で1999年にリリースしたソロデビューシングル「TOUCH ME」のMVが突如アップフロントの公式チャンネルから公開されました。






TSUNKU「TOUCH ME」(1999/11/3)


この曲がリリースされてから今年で15年。特に今の今まで重宝されてきた曲でもないし、突然のアップに驚いた方も多いのでは。普段ならなんで今更?と思いますが、タイミングがタイミングだけに何やら意味深に感じるファンも多そうですね。

いや、ほんとなんで今このタイミングなんですかアップフロントさん…なんか意味があるのかと勘繰ってしまうじゃないですか…。


まぁ、どういう理由とはいえこうして過去のMVが公式から公開されるというのは悪いことではないですよね。今回の件でこの曲を久々に聴いたor知ったという人もいそうですし、そういう方に再評価される向きもあるのではないでしょうか。

実際、この曲めちゃくちゃかっこよくていい曲なんですよ。これぞつんくの真骨頂と言わんばかりのファンキーなダンスナンバーで、つんく節炸裂しまくりな1曲。この曲、結構アダルトで際どい歌詞なんですが、つんく最大の武器である独特のセクシーな歌声により全然下品さは感じないですし、サビではファルセットを駆使してなんともスタイリッシュに歌いこなしていてカッコいいですね。

あと、このシングルには編曲違いの「TOUCH ME」が3曲収められていてそれぞれ#1、#2、#4とあるんですが、この#4がこれまたすごい良い仕上がりで感激。

#4の編曲は古くからアップフロント、ハロー!とも関わりが深い河野伸さんなんですが、#1に比べシンプルな音になっていてよりディスコティックに変貌しています。ストリングスを効かせたアレンジが素晴らしいです。



ガンは早期発見だそうですし、完治する可能性もあるということなのでぜひまたボーカリストとして活躍してほしいなと思います。もちろんハロプロもつんくさん無しでは成り立たないですし、一刻も早い回復、復帰になるよう応援しています。