松浦亜弥「奇跡の香りダンス」(2004/1/28)

1.奇跡の香りダンス
2.宇宙でLa Ta Ta(with 稲葉貴子)
3.奇跡の香りダンス。(Instrumental)


2004年にリリースされた松浦亜弥12枚目のシングル。

「奇跡の香りダンス」は資生堂ティセラのCMソング起用されたことでもお馴染みです。
松浦亜弥は2002年の「♡桃色片想い♡」から「ね~え?」と続き3年連続での起用で、イメージソングと同時にイメージキャラクターも務めていたため、この時はシャンプーのCMなのかあややのCMかわかんないみたいな状態に。

あやや ティセラ











胸キュンピーチ!


↑の画像のように過去に同CMに起用された「桃色片思い」「ね~え?」はバリバリの可愛い系アイドルポップ。両曲とも松浦亜弥の代表曲として特に知名度のある曲です。

それに比べて「奇跡の香りダンス」はイントロからのデジサウンドが特徴なロック寄りのナンバーに仕上がっています。この曲はとにかく疾走感が気持ちいいですね。サビはまるで吹き抜ける突風のような勢いがあり、非常に爽快です。走り抜ける風が何事も追い抜き、置き去りにしていくようなイメージ。松浦亜弥もぶりっ子歌唱ではなく、つんく歌唱全開でワイルドに歌い上げており、これまでとは違った一面を見せています。「桃色片思い」のような可愛い路線や「Yeah!めっちゃホリディ」のようなお祭り感ある楽曲を望むファンには少し期待外れな楽曲となっていたのかもしれませんが、そんなことお構いなしと言わんばかりに突き抜けるこの楽曲は可愛いだけじゃない、カッコいいロックなあややを打ち出した傑作ロックナンバーだと言えると思います。


そしてカップリングにはハロプロの先輩ユニットでもある太陽とシスコムーンの3rdシングル「宇宙でLa Ta Ta」のカバーを収録。コーラスには本家である太陽とシスコムーンの稲葉貴子が参加しています。

基本的に難易度の高い曲ばかりの太陽とシスコムーンの楽曲の中でも難しい部類であろうこの曲を歌いこなす松浦亜弥には感服してしまいます。「ガタメキラ」や「Magic of Love」などハローの後輩に度々カバーされる太シス曲ですが、これほど高いクオリティのカバーはそう多くないでしょう。松浦亜弥の歌声が好きな人なら一聴の価値ありです。ちなみに、使われているオケはオリジナルと同じもので特にアレンジ等はないですが、冒頭のRuRuのセリフが日本語に書き直されています。