6/23付のオリコン週間チャートが公表されました。

シングルチャートではNEWSの「ONE -for the win-」が初登場首位獲得、アルバムチャートでは安室奈美恵の「Ballada」が2週連続の首位獲得となっています。

その他、結果を見て気になるアーティストをピックアップします。





◆6/23付シングルウィークリーチャートTOP10

NEW 1位、NEWS「ONE -for the win-」…182772枚
NEW 2位、東方神起「Sweat/Answer」…119301枚
NEW 3位、μ's「Love wing bell/Dancing stars on me!」…46069枚
NEW 4位、星野源「Crazy Crazy/桜の森」…36390枚
NEW 5位、Flower「熱帯魚の涙」…34316枚
NEW 6位、超特急「Believe×Believe」…32748枚
NEW 7位、w-inds.「夢で逢えるのに~Sometimes I Cry~」…29637枚
NEW 8位、東京パフォーマンスドール「BRAND NEW STORY」…24752枚
NEW 9位、椎名林檎「NIPPON」…13703枚
NEW 10位、ケツメイシ「RHYTHM OF THE SUN」…11381枚



今週の1位はNEWSが獲得しました。売上は18万枚を超えており前作に比べ大幅なアップ。今作は日本テレビ「ブラジル2014」のテーマソングになっており好調の一因となったとみられます。また、オリジナルTシャツが付属したスペシャル盤がリリースされたことも好成績を後押ししたと思われます。

8位にランクインした東京パフォーマンスドールは90年代に活動していたグループの名前を受け継いだ新生ユニットで今作が1stシングル。表題曲は「金田一少年の事件簿R」のオープニングでカップリングには93年に小室哲哉が曲提供した「ダイヤモンドは傷つかない」のニューリミックス版を収録。デビューまでに熱心なプロモーションが行われていたこともあり、順位も売上的にもスタートダッシュは大成功ではないでしょうか。名のある看板を背負いながらもまったく新しいアイドルとしてのフレッシュなパフォーマンスには目を引かれます。


東京パフォーマンスドール「BRAND NEW STORY」


10位以下、内田裕也 feat.指原莉乃「シェキナベイベー」が5338枚で16位に登場。握手券もなく、内田裕也とのコラボという企画ものだったため、さすがにヒットとはならなかったようです。

Mステ出演も果たしたキング・クリームソーダ「ゲラゲラポーのうた」は19位にランクアップ。累計は6万枚を突破。



◆6/23付アルバムウィークリーチャートTOP10

STAY→ 1位、安室奈美恵「Ballada」…66274枚
NEW    2位、ウカスカジー「AMIGO」…43812枚
STAY→ 3位、「アナと雪の女王」サウンド・トラック…32096枚
NEW     4位、BENI「BEST ALL Singles & Covers Hits」…22709枚
(11)↑    5位、マイケル・ジャクソン「エスケイプ」…7766枚
(2) ↓     6位、ClariS「PARTY TIME」…7169枚
(14)↑    7位、May J.「Heartful Song Covers」…7080枚
(10)↑    8位、ファレル・ウィリアムス「ガール」…6831枚
(13)↑    9位、「TERRACE HOUSE TUNES」サウンド・トラック…6749枚
(9) ↓    10位、平井堅「Ken's Bar Ⅲ」…5847枚


アルバムチャートは安室奈美恵が先週に続く首位獲得で、女性アーティストの2週連続首位は今年初。累計は32万枚を突破しました。

2位にはGAKU-MCとミスチル桜井によるユニット、ウカスカジーのアルバムがランクイン。ウカスカジーの結成は昨年に発表され、配信限定シングルを経て今作のリリースとなりました。収録曲の「勝利の笑みを 君と」は日本サッカー協会公認 サッカー日本代表公式応援ソングとなっている他、3つのタイアップを持っており、CMソングとして頻繁にオンエアされていました。

引き続きTOP3を維持する「アナ雪」サントラは今週も3万枚を売上げました。これで累計は78万枚を超え、来週には80万枚を突破する見込みです。


W杯関連の作品がリリースされチャートが賑わいましたね。椎名林檎もシングルでは9位でしたが配信では好調ぶりを見せつけていましたし、やはり効果はあるようです。シングルチャートがTOP10総入れ替えとなった反面、今週はアルバムチャートがやや落ち込みました。来週発売の新譜に期待したいところです。