9/1付のオリコン週間チャートが公表されました。

シングルチャートではEXILE TRIBE「THE REVOLUTION」が、アルバムチャートではDREAMS COME TRUE「ATTACK25」がそれぞれ初登場首位獲得となっています。

その他、結果を見て気になるアーティストをピックアップします。



◆9/1付シングルウィークリーチャートTOP10

NEW   1位、EXILE TRIBE「THE REVOLUTION」…321879枚
NEW   2位、ゴールデンボンバー「ローラの傷だらけ」…42845枚
NEW   3位、VAMPS「GET AWAY/THE JOLLY ROGER」…35777枚
NEW    4位、タッキー&翼「抱夏-ダキナツ-」…29246枚
NEW    5位、スマイレージ「嗚呼 すすきの/地球は今日も愛を育む」…28051枚
(1)↓    6位、Kis-My-Ft2「Another Future」…26997枚
NEW    7位、PASSPO☆「向日葵」…24796枚
NEW   8位、CNBLUE「Go your way」…24603枚
NEW   9位、蒼井エイル「IGNITE」…21471枚
NEW  10位、橘真琴(鈴木達央)「流線の行方」…15564枚 




今週のチャートを制したのはEXILE一門が一堂に会した巨大ユニット、EXILE TRIBEの3rdシングル「THE REVOLUTION」でした。初動は30万枚を突破する好セールスでしたが、売上げた32万枚のうち、31万枚が初日の売上となっています。つまり2日目からの集計期間は1万枚に満たない売り上げということです。これは今作のプレミアムパッケージが理由と思われます。

EX FAMILY限定『プレミアムパッケージチケット』CDのお渡しについて(EXILE FAMILY公式HP)

EX FAMILYでEXILE TRIBEのツアーチケットを購入するとCDが付属するというもので、そのCDがなんとチャートに集計されてるんです。この商法は以前にEXILEでも使われ、グループ初のミリオンを達成する一因ともなりました。CDはチケット購入後にローソンなどで引き換えられるというシステムみたいですね。ということは、チケットは買ってもCDを引き換えていないファンもいるわけですよね。すると、31万枚という売上げが実売とは限らない?そもそもCD付チケットはチケットが主体であり、CDのチャートに含めるのはどうなのか?と、どのようなやり方でチャート集計がされているのかイマイチわかりにくいことになっています。MUSIC CARDを使った戦略もですが、最近のEXILE系は何かと動向が派手なので、今後も注目を集めるのではないでしょうか。


一方で、2位に登場したゴールデンボンバー「ローラの傷だらけ」は一切の特典を排除した完全1種シングル(ただし、値段は購入しやすい497円)となっています。売上げは4.3万枚で前作よりも11万枚以上ダウンと大幅なセールス減少となりましたが、完全1種であることを考慮するとむしろ売れていると見るべきでしょう。これについてはボーカルの鬼龍院翔が自身のブログでも語っています。

ゴールデンボンバー 鬼龍院翔『ローラ発売一週間』(鬼龍院翔 公式ブログ)

この行動が良いか悪いかはまた別の話ですが(特典のすべてを悪とは言い切れないですし)、CDに何かしらの付加価値をつけて売るのが当たり前になった現在においてひとつの興味深い実験というか、色々と考える機会を与えてくれる行動だったのではないかと思います。

そしてまたすごいのが、『特典握手会付きの無音CD(ローラの一月後に発売しようと提案したが通らなかった)を売っていたとしたら確実に今回の4.3万枚を上回っていたと思います。』という一文。前々から特典に売り上げの大部分を頼る売り方に皮肉で「無音CDを売れ」という声はありましたが、これが実現していたらある意味革命的だったでしょうね…。


ふなっしー「ぶぎ ぶぎ ふなっしー♪」が12位となかなか健闘しました。1stシングルだった前作はふなっしー人気も絶頂だったので結構な話題にもなり、2万枚以上を売上げてTOP10入りも果たしましたが、それに比べるとやや話題性に欠けていた今作が1.4万枚も売ったことは意外でしたね。上位が厚かったためTOP10は逃しましたが、未だ人気は高いままだと思わされました。


キング・クリームソーダ「ゲラゲラポーのうた」が今週も0.3万枚を売上げて31位にランクイン。これにより、累計が9.9万枚を突破し、次週での10万枚到達がほぼ確実になりました。初動2.2万枚から18週をかけての快挙達成となる見込みで、間違いなくゲームやアニメを端とする今年の「妖怪ウォッチ」ブームの一翼を担っていると言えるでしょう。



◆9/1付アルバムウィークリーチャートTOP10

NEW    1位、DREAMS COME TRUE「ATTACK25」…90375枚
NEW    2位、山下智久「遊(完全生産限定盤)」…25151枚
NEW       3位、チームしゃちほこ「ひまつぶし」…15398枚
(1)↓     4位、NMB48「世界の中心は大阪や~なんば自治区~」…13890枚
(3)↓      5位、中森明菜「オールタイム・ベスト -オリジナル-」…13595枚
(18)↑     6位、ペンタトニックス「PTX Vols. 1&2」…8747枚
NEW       7位、阿部真央「シングルコレクション19-24」…8207枚
(6)↓      8位、「アナと雪の女王」サウンド・トラック…7637枚
(4)↓      9位、GReeeeN「今から親指が消える手品しまーす。」…6891枚
(7)↓    10位、少女時代「THE BEST」…6310枚




アルバムチャートはDREAMS COME TRUE「ATTACK25」が初登場1位。初動は9万枚で、約4年前の前作「LOVE CENTRAL」とほぼ同枚数。アルバムのセールスは大きく減少傾向にありましたが、今作で下げ止まりとなりました。アルバムのリリースに4年近いインターバルが空くのは初ですが、デビュー25周年を迎え、もはや大御所のようなドリカムにはあまり関係なかったみたいですね。


サマソニ出演のために来日をするなど、日本国内でも注目を集めるアカペラグループ、ペンタトニックスが好調な推移を記録。今週は先週の18位から12ランクアップの6位となっています。このアルバムは初動0.7万枚で9位初登場だったため、3週目にして最高位、最高売上げを記録したことになります。


「アナ雪」サントラはTOP10内をキープしたものの、ついに1万枚割れとなりました。ここまでの累計は94万枚を超えており、ミリオンまではもう一息ですが、ここにきてやや失速といったところ。来週以降の巻き返しに期待がかかります。