松浦亜弥「チョコレート魂」(2009/2/11)

1.チョコレート魂
2.ガツン
3.チョコレート魂(Instrumental)


松浦亜弥の現時点での最後のシングル作品でもある「チョコレート魂」。2006年からつんくによるプロデュースから離れており、今作も作詞は三浦徳子、作曲は木村カエラなどに曲を提供している山沢大洋が担当しています。

全盛期を過ぎ、アイドル路線を離れてからは落ち着いたミディアムバラードの曲を多く歌いこなし、着々と実力派シンガーとしての道を歩んでいた松浦にとって、今作は久々のアイドル的作品となっています。

リリース時期にぴったりのバレンタインをテーマにした歌で、ポップ&キュートなメロディに甘い恋愛模様を描いた歌詞が乗った非常に可愛らしい1曲ですね。バラードを感情を込めて歌うシンガーとしての松浦亜弥は勿論素晴らしいのですが、やはりカワイイ路線の"あやや"も捨てがたいと思わされました。

昔のようなブリブリの歌唱をしなくても、こうしたちょっとかわいい系の等身大のラブソングとか、もっと歌ってくれても良かったのにね。本人は可愛い曲はもう恥ずかしいらしく「歌うのにパワーがいる」と渋々歌うのが常となっていましたが、リリース当時はまだ23歳でしたし、PVを見てもそのルックスは現役アイドルで十分通用するレベルですから…。んー、勿体ない。


カップリングの「ガツン」もなかなかの良作。こちらもポップで可愛い曲なのですが、打って変わってこちらは失恋ソングで切ない女性の心情が描かれています。

歌詞の主人公である女性が好きな男性から恋人を紹介されるのですが、その恋人というのが自分の親友の女友達だった、といったシチュエーションなんですが、かと言って女の情念が歌われてるというわけではなく、前向きで快活そうな主人公像が見える歌詞になってますね。

主人公は失恋しても自暴自棄になることはなく、真夜中にバイクで走りクールダウンしたり、自分をガリレオになぞらえてみたりと結構冷静。そして、バカな男に恋した自分に「ガツン」と喝入れと、なんだか勝ち気でカッコいい女性を想像してしまいます。そしてそんな主人公像は活動的でさっぱりしてるイメージの松浦亜弥にぴったりだなと思いますね。明るくも切ない歌声と合った歌詞・メロディで世界観がよく見える佳曲です。


ちなみに「チョコレート魂」はハロプロの毎年恒例オムニバス「プッチベスト10」に収録されているのみ、「ガツン」はアルバム収録が未だになく、シングルでしか聴くことができません。2曲とも良いのにあまり日の目を見ていないのが惜しいです。(「チョコレート魂」は後輩の吉川友によってカバーされたので、そっちで耳にした人も多少はいるかもしれませんが…)

アイドル・松浦亜弥の健在ぶりを確認するとともに、"あやや"の成長した姿も感じられる良作なので、興味のある方にはぜひ聴いてほしい1枚です。