4/13付のオリコン週間チャートが公表されました。

シングルチャートではSKE48「コケティッシュ渋滞中」が、アルバムチャートではサザンオールスターズ「葡萄」がそれぞれ初登場首位獲得となりました。

その他、結果を見て気になるアーティストをピックアップします。



◆4/13付シングルウィークリーチャートTOP10

NEW   1位、SKE48「コケティッシュ渋滞中」…640451枚
NEW   2位、NMB48「Don't look back!」…447282枚
NEW   3位、℃-ute「The Middle Management~女性中間管理職~/我武者LIFE/次の角を曲がれ」…60689枚
NEW     4位、己龍「九尾」…57776枚
NEW   5位、ベイビーレイズJAPAN「栄光サンライズ」…24095枚
NEW   6位、CANDY ISLAND「Happy×2 Days」…18066枚
NEW     7位、風男塾「瞬間到来フューチャー」…16856枚
NEW   8位、荒木宏文「Next Stage」…15212枚
(6)↓    9位、乃木坂46「命は美しい」(3週目)…14240枚
NEW   10位、水森かおり「大和路の恋」…14171枚




今週のシングルチャートはSKE48とNMB48がぶつかり合うことで話題となりました。

2組ともAKB48の姉妹グループですが同発となることは初めて。両組とも前作では初動40万枚レベルのセールスを誇っており、かなり注目の対決となると予想させれていましたが、蓋を開けてみるとSKE48の圧勝となりました。

首位を獲得したSKE48「コケティッシュ渋滞中」の初動はグループ最高となる64.0万枚。2位のNMB48に20万枚近い差をつけることとなりました。

このような結果になったのには理由があります。それはSKE48が通常盤4種+初回盤4種の計8種に加えて、CD+MUSIC CARDの劇場盤をリリースしたためです。

オリコンではMUSIC CARDはCD1枚としてカウントされるため、今回のSKE48の劇場盤を購入すると劇場盤1枚でCD2枚分がチャートに集計されます。そのため、セールスが飛躍的に伸びたのだと思われます。

この、CDにMUSIC CARDを付属させ2枚カウントにする商法は以前にV6が行い、その時も好調な初動セールスを記録しており、非常に効果が高いことがわかっていましたが、今回も大きな効果を発揮したようです。

ただし、4/6のデイリーチャートからはMUSIC CARDが集計対象外になったため、このような商法が行われることは今後ありません。


2位はNMB48「Don't look back!」でした。初動は44.7万枚。こちらも通常盤3種+初回盤3種+劇場盤1種の計7種リリースという複数商法を行っていますが、SKE48のようなMUSIC CARD商法は行っていないため、前作以上の初動を記録したものの飛躍的な売上アップにはならず、SKE48に大差で敗れる結果となりました。
これにより「ヴァージニティー」(2012年)から続いていた首位獲得連続記録は6作で途切れました。


3位は℃-ute「The Middle Management~女性中間管理職~/我武者LIFE/次の角を曲がれ」でした。初動は6.1万枚。通常盤3種+初回盤3種の計6種リリース。
前作に続き6万枚を超えるセールスを記録し、TOP3入りを果たしました。℃-uteはこれでデビューから27作連続27作目のTOP10入りです。


4位には和風V系バンド、己龍「九尾」がランクイン。初動は前作の3倍以上のセールスとなる5.8万枚。己龍は今作により自己最高初動と自己最高位を更新しました。
売上げアップの要因は今作が通常盤3種+初回盤7種の計10種という複数展開を行ったことだと思われます。発売記念イベントが行われたほか、10種全ての購入者には特典がある等、今回はかなり気合を入れて売り出していました。



<PICK UP>

NEW  12位、田村ゆかり「好きだって言えなくて」…11595枚

女性声優、田村ゆかりのシングルが12位に初登場。人気アニメ「魔法少女リリカルなのはViVid」のEDテーマも収録されていた今作ですが、売上げは前作よりもダウン。TOP10入りを逃す結果となりました。田村ゆかりがTOP10入りを逃すのは「バンビーノ・バンビーナ」(2008年)以来のこととなります。






◆4/13付アルバムウィークリーチャートTOP10

NEW    1位、サザンオールスターズ「葡萄」…300277枚
NEW   2位、SUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUK「Present」…62218枚
(1)↓   3位、EXILE「19 -Road to AMAZING WORLD-」(2週目)…30688枚
NEW   4位、EXO「エクソダス(韓国語バージョン)」…14532枚
NEW   5位、OLDCODEX「pledge」…13211枚
NEW   6位、CAVU「04 Limited Sazabys」…7872枚
NEW    7位、EXO「エクソダス(中国語バージョン)」…7689枚
NEW   8位、「私とドリカム2-ドリカムワンダーランド2015 開催記念BEST COVERS-」…7477枚
(12)↑   9位、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「PLANET SEVEN」(10週目)…7443枚
(2)↓  10位、大原櫻子「HAPPY」(2週目)…6846枚




今週のアルバムチャートを制したのはサザンオールスターズ「葡萄」でした。
2013年に活動再開をし、シングルもリリースしてきたサザンですが、オリジナルアルバムは2005年の「キラーストリート」以来、約9年半ぶりとなりました。
初動は30.0万枚。前作の初動63.3万枚から半減以上となってしまいましたが、現在30万枚のセールスを出せるのはごく限られたアーティストのみなので決して低調というわけではないでしょう。
サザンのオリジナルアルバムが首位を獲得するのは13作連続13作目(「稲村ジェーン」含む)。ベスト盤等も含めれば17作目の首位獲得です。
また、今作の首位獲得により、サザンは1980年代から90年代、00年代、10年代と4年代で首位を獲得したことになり、これはグループ初の記録で、ソロアーティストを含めても7人目の快挙となります。


先週12位だった三代目J Soul Brothers(10周目)が9位に上昇し、再びTOP10入り。今週は0.7万枚を売上げ、累計は78万枚を突破しました。