4/27付のオリコン週間チャートが公表されました。

シングルチャートでは三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「starting over」が、アルバムチャートでは2PM「2PM OF 2PM」がそれぞれ初登場首位獲得となりました。

その他、結果を見て気になるアーティストをピックアップします。







◆4/27付シングルウィークリーチャートTOP10

NEW   1位、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「starting over」…439067枚
NEW   2位、モーニング娘。'15「青春小僧が泣いている/夕暮れは雨上がり/イマココカラ」…101275枚
NEW   3位、宮野真守「シャイン」…28814枚
NEW     4位、Da-iCE「BILLION DREAMS」…26087枚
NEW   5位、ポルノグラフィティ「オー!リバル」…24882枚
NEW   6位、ゆず「OLA!!」…24735枚
NEW     7位、*(Asterisk)「ΦωΦ ver!!」…19871枚
STAY   8位、NMB48「Don't look back!」(3週目)…12600枚
(10)↑  9位、乃木坂46「命は美しい」(5週目)…11382枚
NEW   10位、Jupiter「BRAND NEW FIELD」…10299枚




今週のシングルチャートを制したのは三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「starting over」でした。初動は驚きの43.9万枚。前作よりも20万枚以上増えています。MUSIC CARDが今年の4/6付け以降のデイリーでオリコン集計対象外になり、その恩恵を大きく受けてきたEXILE系アーティストは売上げを落としてもおかしくはなさそうですが、ここにきて2倍以上のセールス増加。
その理由は今回のシングルでチケット+CD商法を展開しているためです。チケット+CD商法はライブのチケットを買うとCDが1枚付いてくるというもの。EXILE TRIBEではファンクラブ会員に向けてプレミアムパッケージとして発売されています。ライブチケットをファンが購入すると自動的にCD1枚がチャートに集計されるのでセールスが爆発的に伸びるというわけです。EXILE TRIBEはこれまでもこの商法により売上げを増やしてきましたが、今回も効果てき面だったようですね。ちなみに、このチケット付CDは6/29以降オリコン集計対象外になるため、EXILE系が今後このようなセールスを出すことは難しくなると思われます。


2位にはモーニング娘。'15「青春小僧が泣いている/夕暮れは雨上がり/イマココカラ」がランクイン。初動は10.1万枚で前作より3.4万枚減少。道重が卒業し、12期メンバーが加入して以降初のシングル。グループで断トツの知名度を持っていた道重の卒業シングルだった前作から売上げは減少したものの初動は10万枚をキープしました。集計期間中に全国同時握手会などの施策を行った効果だと思われます。モーニング娘。'15は今作により通算58作目のTOP10入りとなり、通算TOP10入り歴代最高記録を更新しました。


3位には宮野真守「シャイン」がランクイン。初動は2.9万枚。今作はアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ」のオープニングになっており、そのタイアップ効果により好調なセールスを記録したと思われます。初動2.9万枚は自己最高であり、週間3位も「カノン」(2013)と並ぶ自己最高位タイ。デイリーでは4/18付で首位を獲得しており、これは男性声優としては初めての快挙。女性を含めても声優が本人名義でデイリー首位を獲得したのは水樹奈々に次ぐ2人目です。


5位にはポルノグラフィティ「オー!リバル」がランクイン。初動は2.5万枚。劇場版アニメ「名探偵コナン 業火の向日葵」の主題歌。前作を0.4万枚上回るセールスを記録しました。コナンタイアップに大きな力は残っていないとはいえ、今作は耳にすることが多かったような気がしますし、実際タイアップ効果はあったように思います。また、往年のポルノを彷彿とさせるラテン風の曲であり勢いのある作品だったので、純粋に曲が評価されて売上げに繋がったと見てもいいのではないでしょうか。




6位にはゆず「OLA!!」がランクイン。初動は2.5万枚。劇場版アニメ「映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 ~サボテン大襲撃~」の主題歌。5位のポルノグラフィティに続いてこちらもアニメ映画主題歌であり、さらにラテン風の楽曲という偶然。しかも売り上げ枚数も100枚ちょっとしか違わないんですよね。ゆずもタイアップ効果が出たのか、前作よりも好調なセールスとなりました。ちなみに、さらに偶然は重っておりポルノグラフィティもゆずも今作が通算41作目のTOP10入りとなっています。(ポルノは40作連続通算41作目、ゆずは41作連続通算41作目)


8位にはNMB48「Don't look back!」がランクイン。3週連続のTOP10入りとなりました。初週ではSKE48に大差で敗北しましたが、2週目以降はNMB48のほうが粘り強く推移しています。累計は47万枚を突破しました。


9位には乃木坂46「命は美しい」がランクイン。先週の10位からワンランクアップで5週連続のTOP10入りとなりました。粘り強く推移しており、今週も1万枚以上を売上げました。累計は55万枚を突破。






◆4/27付アルバムウィークリーチャートTOP10

NEW    1位、2PM「2PM OF 2PM」…43124枚
STAY   2位、サザンオールスターズ「葡萄」(3週目)…39567枚
NEW   3位、絢香「レインボーロード」…33226枚
NEW   4位、ClariS「ClariS~SINGLE BEST 1st~」…31537枚
(1)↓   5位、福山雅治「魂リク」(2週目)…22216枚
NEW   6位、「ノイタミナ FAN BEST」…11087枚
(3)↓    7位、miwa「ONENESS」(2週目)…7938枚
STAY   8位、EXILE「19 -Road to AMAZING WORLD-」(4週目)…6960枚
(18)↑  9位、「ワイルド・スピード スカイミッション オリジナル・サウンドトラック」(5週目)…6576枚
NEW  10位、MIYAVI「The Others」…6221枚




アルバムチャートを制したのは2PM「2PM OF 2PM」でした。初動は4.3万枚。セールスは前作より0.7万枚減少となりましたが2作連続の首位獲得となりました。


先週2位だった3週目のサザンオールスターズ「葡萄」が今週も2位をキープ。セールスは4.0万枚で累計は40万枚を突破しました。


3位には絢香「レインボーロード」がランクイン。初動は3.3万枚。前作「The beginning」の初動10.8万枚から大幅ダウンとなりました。昨年は「にじいろ」がNHK朝の連ドラの主題歌になるなど話題性はありましたがアルバムのセールスを引っ張るほどではなかったようです。やはり3年2か月ぶりというインターバルが響いたか。前作では休業からの復帰という大きな宣伝文句がありましたしね。絢香のオリジナルアルバムは4作連続通算4作目のTOP10入りとなりました(ベスト・カバーを含めると通算7作目)。



<PICK UP>

NEW  13位、chay「ハートクチュール」…5781枚


女性ソロシンガー、chayの1stアルバムが13位に登場。月9主題歌にもなった「あなたに恋をしてみました」が配信を中心にヒットとなっていましたが、アルバムでTOP10間近となる順位に初登場しました。