11月29日に武道館で行われた「アンジュルム ファーストコンサートツアー 2015秋「百花繚乱」~福田花音卒業スペシャル~」のライブビューイングに行ってきました。



行ってきたんですけど、記事を書くまでに随分日が経ってしまったので今回はさらっと振り返りたいと思います。


スマイレージがアンジュルムに改名してから初のツアーのファイナル公演。スマイレージから通算して3度目、アンジュルムとしては初の武道館公演でした。

なんといっても今回は初期メンバーの福田花音の卒業スペシャル。

これまでのハロプロで卒業セレモニーを大々的にやってきたのはモーニング娘。だけだったので、いったいどんな卒業コンサートになるのか、否応でも期待がかかっていたライブでしたが、なんとも見事な卒コンだったと言えるものだったのではないでしょうか。

卒コンといえば涙無しでは見られないものではありますが、なんと華やかで晴れやかだったことか。

福田花音というアイドル、そしてアンジュルムというグループの姿を映し出した素晴らしいステージでした。


まず、プロジェクションマッピングによってステージに花びら舞う中で、「百」「花」「繚」「乱」と書かれた4枚のパネルが動き回るオープニングでライブは幕を開けました。

中央に集まった4枚のパネルが開かれるとそこにはフォーメーションを組むアンジュルムの姿があり、そのままなだれ込むように今夜の1曲目である「出すぎた杭は打たれない」を披露。

個人的には今年のアンジュルムで最も好きな曲だったので、初っ端からの「出すぎた~」の登場にテンション上がりましたね。

その他、ライブ序盤からアンジュルム名義の楽曲に加え、「新・日本のすすめ!」や「ええか!?」、「夢見る15歳」などが次々披露され、「これまでのスマイレージ・アンジュルムの総括と言わんばかりの惜しみないセットリストに会場の熱はどんどん高まっていったのではないでしょうか。

とにかくメンバーの気迫が凄い。ステージにかける思いが段違いなのは見て明らかでしょう。

1期の二人はもちろん、2期メンの個々のスキルの伸び率も高く、3期メンの今後の伸びしろの大きさも楽しみだと言えます。グループ総合のパフォーマンス力という点ではハロプロ内、いや、アイドル界でもかなり高いものがあるでしょうし、今のアンジュルムの見応えったらないですよ。

個人的にはそんなアゲアゲのセトリに「寒いね。」を入れてくれたことが嬉しかったですかね。この曲、ちょうどスマイレージが盛り下がってた時期の曲でしかもバラード調なのでどうしても地味なポジションなんですが、良い曲なので埋もれてるのが忍びなかったんですよね。ちょうど福田の歌割りも多いし、今日という日に聴けてよかったです。


そしてメンバー達が全力疾走する映像を挟んで、ステージには和田・福田の2名だけが登場。

きら☆ぴか(久住小春と萩原舞のユニット)の楽曲「ふたりはNS」を披露。福田が「自分たちのことを歌ってるような曲」だと言っていましたが、まさにその通りの曲で、これには感動を誘われてしまいました。

曲自体もいい曲ですからね…としみじみしてると1番で曲は終わり、ステージには佐々木が登場し、「黄色い自転車とサンドウィッチ」が始まりました。

なんと、この一連の流れ、福田とアンジュルムの各メンバーによるハロプロデュエットメドレーだったんです!

しかも、福田がそのメンバー毎に伝えたいメッセージや想いを当てはめたという胸が熱くなる選曲。さすが福田というか、卒コンにおいてなんとも画期的な企画を考えだしてくれましたね。

途中、℃-ute矢島からのサプライズ手紙読みが微妙なタイミングで入りましたが、メドレーからのソロ曲「わたし」までかなりいい流れでした。

アンジュルムベスト「大器晩成」の通常盤に収録された新曲「交差点」もよかったですね。福田を除いたメンバーによって歌唱され、思わず涙ぐむ福田、そして歌唱しながらも涙するメンバーの姿も感動的でした。


ここからの後半戦も激熱のセトリだったわけですが、本当にスマイレージは良曲を与えられすぎててすごいことになってるんですよ、本当。

スマイレージは不遇だったということを常々メンバーは口にしていますが、楽曲面でこれほど好待遇を受けていたグループが他にあったでしょうかってほど名曲揃いなんですよね。まぁ、楽曲面以外での待遇は何とも言えませんけど。

後半では「交差点」と同じくベスト盤収録の新曲の「友よ」がとてもよかったですね。

これまた中島卓偉作曲なんですが、まさにこの日のために作られたんじゃないかというほどの泣きのロックナンバー。

モーニング娘。でいうところの「涙ッチ」、Berryz工房でいうところの「一丁目ロック」に通ずるような曲で、これから先のライブ終盤の定番曲になり得る可能性を秘めた熱い楽曲です。

この「友よ」の大団円感が素晴らしすぎて本編ラストを飾った「大器晩成」が若干蛇足に思えるほどでしたからね。実際、「大器晩成」で締めることはお約束というか、締めて当然みたいなとこもあるので異論はないですが。


アンコールでは娘。卒コンでお約束の卒業者による手紙読みが行われ、福田によるソロ曲「私の心」が披露されました。ピンク色の豪華なドレスに身を包んだ福田はまさにシンデレラの生まれ変わりでよかったですね。

あと、アンコールで披露された「旅立ちの春が来た」よかったですよね。

これまでは特別凝った曲でもないし、他のスマイレージ楽曲に比べるとそこまで…と思っていたんですけど、なるほど、こうやって使う曲だったのね!と大変納得。

いつも明るく楽しいアンジュルムに湿っぽい空気は似合わないと言わんばかりの明るい卒業ソングで、この場の雰囲気にぴったり。福田・アンジュルム共々の明るい未来を象徴するような楽曲に思えました。

ラストは「スキちゃん」で終るのも多幸感いっぱいで最高でしたね。

この日一番の笑顔がメンバーからも会場からもこぼれたのではないでしょうか。


というわけで、さらっと振り返るとこんな感じですかね。

ほんとに卒コンと思えない程、明るいライブでした。

要所でメンバーの涙も見えましたが、どれもが負の感情からくる涙ではなく、悲壮感は一切ありません。
カラっとして明るく、希望に満ち溢れた雰囲気のまま公演は進み、終演を迎えました。


今年はBerryz工房の無期限活動休止や、期待の超新星だったカントリー・ガールズの島村嬉唄の脱退、モーニング娘。のエースである鞘師里保の卒業発表など、残念な別れも多かった年になりましたが、こうして前向きな別れがあることは嬉しく思います。

作詞家、福田花音としてどこまで行くのかまだ未知数ですが、肩書の少し変わった彼女にぜひ新たな道での成功を収めてほしいですね。もちろん、新メンバーの上國料を迎えたアンジュルムの更なる躍進にも期待大。

2016年も彼女たちに幸多からんことを願うばかりです。