1/25付のオリコン週間チャートが公表されました。

シングルチャートでは稲葉浩志「羽」、アルバムチャートではゲスの極み乙女「両成敗」がそれぞれ初登場首位を獲得しました。

その他、結果を見て気になるアーティストをピックアップします。







◎今週は10位が0.35万枚、20位が0.18万枚と先週にも増して低レベルなチャートとなりました。



◆1/25付シングルウィークリーチャートTOP10

NEW
   1位、稲葉浩志「羽」…88658枚
NEW   2位、SKY-HI「アイリスライト」…18039枚
NEW   3位、飯田里穂「KISS! KISS! KISS!」…10482枚
(7)↑   4位、ラブ・クレッシェンド「コップの中の木漏れ日」(8週目)…7901枚
NEW   5位、BLUE ENCOUNT「はじまり」…7659枚
(162)↑   6位、HISTORY「LOST」(4週目)…5960枚
(9)↑   7位、AKB48「唇にBe My Baby」(6週目)…5174枚
NEW   8位、モーニング娘。'15「冷たい風と片思い/ENDLESS SKY/One and Only」(3週目)…4472枚
NEW   9位、さくらしめじ「はじまるきせつ/さんきゅう」…4060枚
(198)↑ 10位、SMAP「Otherside/愛が止まるまでは」(2015/9/9)…3533枚



今週のシングルチャートを制したのは稲葉浩二「羽」でした。初動は8.9万枚。前作から約5年半ぶりのシングルとなり、売上げは下がったものの週間首位を獲得。ソロデビュー以来5作連続5作目の首位です。
今作は表題曲のアニメ「名探偵コナン」タイアップのほかに、カップリングにPS4/PS3専用ゲーム「龍が如く極」タイアップがついており、それに伴って通常盤、初回盤に加え、龍が如く盤の3種形態でのリリースとなっています。


2位はSKY-HI「アイリスライト」がランクイン。初動は1.8万枚。SKY-HIはAAAの日高光啓のソロ名義。これまでは週間11位が自己最高位でしたが、今作で初のTOP10入りを達成しました。


3位は飯田里穂「KISS! KISS! KISS!」がランクイン。初動は1.0万枚。飯田里穂はアニメ「ラブライブ!」出演声優として注目を集めている女性声優。2007年にもシングルのリリース経験がありますが、その時は週間156位に終わっていました。当時と比べて格段に知名度が上がったため、今作でブレイク。初のTOP10入りを達成しました。


6位はHISTORY「LOST」がランクイン。先週162位から急上昇です。すでに4週目の作品ですが、ライブ会場での売上が加算されて4週ぶりのTOP10返り咲きとなりました。


10位にSMAP「Otherside/愛が止まるまでは」がランクイン。先週198位から急上昇し、TOP10返り咲きとなりました。これは「SMAP解散報道」を受けてファンによる「購買運動」が展開された影響によるものです。今作以外にもSMAPの過去作品が次々とランキング入りをしており、特にグループ最大のヒットシングル「世界に一つだけの花」はかなりの勢いでランキングを急上昇しています。来週は「世界に一つだけの花」を筆頭にチャート上にSMAPの作品が複数ランクインすると思われます。



<PICK UP>

STAY→ 11位、イヤミfeat.おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松「SIX SAME FACES~今夜は最高!!!!!!~」(5週目)…3370枚


アニメ「おそ松さん」EDが先週11位をキープ。5週目の売上は0.3万枚。これにより累計が10万枚を突破しました。男性声優によるキャラクター名義の作品が10万枚を突破するのは「仮面ライダー電王」の登場人物であるモモタロス、浦田ロス、キンタロス、リュウタロスによる「Climax Jump DEN-LINER form」(2007年)以来となる快挙。
近年も「うたプリ」などの男性二次元アイドルブームはありましたが、10万枚の壁を破る作品はありませんでした。


(1)↓ 194位、BOYS AND MEN「BOYMEN NINJA」

先週1位だったBOYS AND MENですが、2週目はなんと194位までダウン。初登場首位からのランクダウン記録を塗り替えてしまいました。(これまではぱすぽ☆「少女飛行」の1位→102位がワースト記録でした)
やはり初動は予約積み立てによる売上が大半を占めていたため、2週目以降に買うファンはほとんどいなかったようです。









◆1/25付アルバムウィークリーチャートTOP10

NEW   1位、ゲスの極み乙女「両成敗」…71583枚
NEW  2位、ゆず「TOWA」…65821枚
NEW  3位、iKON「WELCOME BACK」…61508枚
NEW   4位、「うたの☆プリンスさまっ♪シアターシャイニング ポラリス」…20628枚
(9)↑   5位、デヴィッド・ボウイ「★」(2週目)…19561枚
NEW   6位、シド「SID ALL SINGLES BEST」…13816枚
(1)↓  7位、「歌物語 -<物語>シリーズ主題歌集-」(2週目)…13627枚
(3)↓   8位、福山雅治「福の音」(4週目)…13301枚【261363枚】
(7)↓   9位、back number「シャンデリア」(6週目)…11751枚
NEW  10位、Mrs.GREEN APPLE「TWELVE」…9670枚




アルバムチャートを制したのはゲスの極み乙女「両成敗」でした。初動は7.2万枚。前作「魅力がすごいよ。」の3.8万枚を大幅に上回るセールスを記録しました。昨年は曲を次々とヒットさせ、紅白にも出場するなど破竹の勢いで活躍していたので順当な結果でしょうか。ただ、back numberや星野源の数字を見ると、この1年のゲスの極み乙女の活躍具合・露出度的にもっと売れると思いましたが、そこまででもなかったようですね。ボーカルの川谷絵音は現在、スキャンダルの渦中にいますが、バンド自体は所謂アイドル人気ではないため、騒動はさほどセールスに影響していないように思いますし…。


先週9位だったデヴィッド・ボウイ「★」が5位に浮上。売上も0.8万枚だったのが2.0万枚に増加しました。デヴィッド・ボウイ急逝の影響を受けて、作品への注目度も増しており、今作のほか、35位に2014年のベスト盤「ナッシング・ハズ・チェンジド~オールタイム・グレイテスト・ヒッツ~」が、41位に2013年のオリジナルアルバム「ザ・ネクスト・デイ」がランクインしています。


先週7位のback number「シャンデリア」は9位にダウン。6週連続のTOP10入りとなりました。今週のセールスは1.2万枚で、累計が30万枚を突破しました。


10位にMrs.GREEN APPLE「TWELVE」がランクイン。初動は1.0万枚。これまでシングル、ミニアルバムのリリースはありましたが、フルアルバムのリリースは初となります。
Mrs.GREEN APPLEは「2016年ブレイクするバンド」として各メディアで取り上げられており、その知名度は向上。その結果もあってかバンド初の週間TOP10入りとなりました。