チャオ ベッラ チンクエッティ「どうしよう、わたし/一期一会」(2016/1/27)


「一期一会」の作曲者である中島卓偉さんがやってくることに釣られて先日行ってきました。






ポッシボー及びチャオベラはこれまで全然CD買ったりしたことなかったんですけど、まんまと釣られて行きました。

そりゃ、卓偉さんが来て、しかもアコースティックミニライブをやるって言われたら見たくなっちゃいますよね。

行ってきました川崎のCLUB CITTA。

写真 2016-01-28 20 06 38
















整理番は200くらい出てました。
1部は元アンジュルムの福田花音がゲストでしたが、どれくらい集まったんでしょう?




というわけで、はじめてチャオベラ見ましたけど、さすがキャリアが長いだけあってかなり歌えるんですね。
アコースティックなので歌唱力が大事なイベントでしたがレベルの高い歌を聴くことが出来ました。

それにポッシボーはアップフロント時代の楽曲はつんくプロデュース。改めて思いましたが、曲が良いですよね。

当時、白米にハマったつんくさんがお米の曲を提供しまくってメンバーは困惑したみたいなエピソードがあったりで曲に恵まれなかった印象もあるポッシボーですが、実際良曲がかなり多いんですよねぇ。

今回のイベントで披露された「Family~旅立ちの朝~」なんてすごく良くて、思わずハッとしてしまいましたよ。

「Family~旅立ちの朝~」はTHE ポッシボーの4thシングルで中島卓偉作曲、つんく作詞の1曲。

卓偉さんらしいメロディアスなロック・バラード、そしてつんくさんの愛に満ちた詞が泣ける曲ですが、生アコースティックで聴けるなんて贅沢なもんです。これだけで今回来た価値あったな~と思いました。

知らないだけで、もっとポッシボー良い曲持ってるんですかね。

自分は「いじわるCrazy Love」以外はあんまり聴いてこなかったので、ポッシボー時代の楽曲、もっと再評価しなくては…。

というわけで、みんなでもっとポッシボー聴こう。もちろんチャオベラも。




肝心の「どうしよう、わたし」「一期一会」そっちのけな記事になってしまいましたが、リリースから結構時間も経っちゃったので、割愛でいいですかね。はい、いいですね。


ちなみに特に推しメンとかない自分は直感で通常盤Aを買いました。

写真 2016-01-28 23 16 24
















岡田 ロビン 翔子!

ところで、通常盤だけに収録されたメンバーそれぞれのソロ曲「愛のドタン場」が結構いいじゃん、と思ったんですけど、これを作曲したMt.3がいったい誰なのか気になるんですよ。調べても全然出てこないし、チャオベラ以外の仕事歴も特になさそうな。

Mt.3…マウントスリー…三山…?

うーん、よくわからないですね。