7/18付のオリコン週間チャートが公表されました。

シングルチャートでは関ジャニ∞「罪と夏」が、アルバムチャートではDREAMS COME TRUE「DREAMS COME TRUE THE ウラBEST! 私だけのドリカム」がそれぞれ初登場首位を獲得しました。

その他、結果を見て気になるアーティストをピックアップします。







◆7/18付シングルウィークリーチャートTOP10

NEW   1位、関ジャニ∞「罪と夏」…27.5万枚
NEW   2位、EXILE ATSUSHI/RED DIAMOND DOGS「Beautiful Gorgeous Love/First Liners」…4.2万枚
NEW    3位、刀剣男子 team三条 with加州清光「キミの詩」…4.2万枚
NEW   4位、IDOLiSH7「NATSU☆しようぜ!」…2.1万枚
NEW   5位、ロッカジャポニカ「教歌SHOCK!」…1.9万枚
NEW   6位、ナオト・インティライミ「Overflowes~言葉にできなくて~」…1.5万枚
NEW   7位、KEVIN(from U-KISS)「Make me/Out of my life feat.k」…1.5万枚
NEW   8位、SE7EN「RAINBOW」…1.5万枚
(2)↓   9位、桑田佳祐「ヨシ子さん」(2週目)…1.5万枚
(9)↓  10位、SKE48「チキンLINE」(2016/3/30)…1.3万枚



今週のシングルチャートを制したのは関ジャニ∞「罪と夏」でした。初動は27.5万枚。前作に比べリリース形態が1種増加していることや、特典の違いにより売上げが大幅に増加しました。関ジャニ∞の首位獲得は22作連続、通算30作目となります。


刀剣男子 team三条 with加州清光「キミの詩」が2位に初登場。今作は女性を中心にブームとなったブラウザゲーム「刀剣乱舞」のミュージカルで披露された楽曲を収録したもの。初動は4.2万枚で、前作のシングル・アルバムを合算したものとほぼ同等。前作は発売形態の関係でシングル・アルバムに分かれて集計されましたが、今作は同じ12種リリースであるものの全てシングルとして集計されたようです。8月にはアルバムのリリースが決定しているほか、9月からは新作舞台の公演も決定するなど、作品は依然高い人気を維持していると思われます。



<PICK UP>


NEW  11位、TUBE「RIDE ON SUMMER」…1.3万枚

60枚目のシングル。初動が1.3万枚で前作より0.4万枚減少。2011年「Touch Happy!」(2011年)以来のTOP10落ちとなりました。


TOP50圏外↑12位、SMAP「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」…1.1万枚


7/9がSMAPメンバーの草なぎ剛の誕生日ということで、ファンの間で購買運動が再び活発に。デイリーでは最高2位を記録する好調な推移を見せ、週間で1.1万枚を売上げてTOP20返り咲きを果たしました。

SMAP解散騒動から毎月何かしらで活発になる「世界に一つだけの花購買運動」の成果は凄まじく、2003年の作品が2016年の上半期のみで12.2万枚を売り上げて、上半期ランキングでは22位になるという異常事態となりました。累計は270万枚を突破しており、目標とするトリプルミリオン(300万枚)はまだ遠いですが、シングル歴代売上げ7位のMr.Children「Tomorrow never knows」(累計276.6万枚)は射程圏内に入っており、今後も購買運動が続けば逆転の可能性があります。










◆7/18付アルバムウィークリーチャートTOP10

NEW   1位、DREAMS COME TRUE「DREAMS COME TRUE THE ウラBEST! 私だけのドリカム」…10.9万枚
NEW  2位、ワルキューレ「Walkure Attack!」…7.8万枚
NEW  3位、UNISON SQUARE GARDEN「Dr.Izzy」…3.7万枚
NEW  4位、平井堅「THE STILL LIFE」…3.5万枚
(3)↓   5位、the HIATUS「Hands Of Gravity」…2.4万枚
NEW   6位、家入レオ「WE」…1.8万枚
NEW  7位、くるり「琥珀色の街、上海蟹の朝」…1.2万枚
(5)↓   8位、「HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM」(4週目)…1.2万枚
NEW   9位、Def Tech「Eight」…1.0万枚
(8)↓  10位、コブクロ「TIMELESS WORLD」(4週目)…1.0万枚




アルバムチャートを制したのはDREAMS COME TRUE「DREAMS COME TRUE THE ウラBEST! 私だけのドリカム」でした。初動は10.9万枚。今作は、昨年大ヒットとなったベスト盤に収録されなかった楽曲を、リクエスト上位、吉田美和セレクト、中村正人セレクトとして3枚に分けて収録したベストアルバム。裏ベストということで、昨年のベスト盤は大きく下回りましたが、直近のオリジナルは超える結果となり、相変わらずの根強い人気が伺えますね。ドリカムの首位獲得は通算15作目となります。

また、今作の発売の影響もあり、昨年のベスト盤もチャートを急上昇。先週の48位から37ランクアップで11位となっています。

(48)↑11位、DREAMS COME TRUE「DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム」(2015/7/7)…8022枚


アニメ「マクロス⊿」作中ユニット、ワルキューレの1stアルバム「Walkure Attack!」が2位にランクイン。初動は7.8万枚。今年5月にリリースされたシングル「一度だけの恋なら/ルンがピカッと光ったら」が3.6万枚を売上げて3位にランクインするなど好調なセールスを記録していましたが、今作はそれの倍のセールスを記録する絶好調さを見せました。配信チャートでもアルバム収録曲が上位に多くランクインするなど、CD・配信の両方でヒットしています。「マクロス」シリーズは音楽が物語に大きく関わる作品のため、楽曲も質が高いものが多く、ファンからの人気が根強いのが特徴ですが、そうした人気がセールスにしっかり結びついているようですね。



3位にUNISON SQUARE GARDEN「Dr.Izzy」がランクイン。初動は3.7万枚で、昨年のベスト盤よりも1.1万枚増加。昨年「シュガーソングとビターステップ」でブレイクを果たした彼らですが、アルバムの数字にも段々現れてきましたね。TOP10入りは4作連続、通算4作目。


平井堅の約5年ぶりのオリジナルアルバムが4位に初登場。初動は3.5万枚で、2011年の「JAPANESE SINGER」より2.5万枚ダウン。 前作からリリース間隔が空いたことがセールスに響いたかと思われます。ただ、先行シングル的作品である「魔法って言っていいかな?」は配信中心でヒットしましたし、楽曲単位でのインパクトは依然あり、存在感は失われていないようにも感じます。