7月末から9月半ばにかけて、結構ライブに足を運んだのですが、特に8月末から9月にかけて、普段はあまり行かないフェス形式のライブに何度か行きまして。フェスっていざ行ってみると楽しいもんですよね。

8/25にBuono!Festa(日本武道館)、8/28にa-nation(味の素スタジアム)、9/17にAugusta Camp2016(コニファーフォレスト富士急ハイランド)に行ってきたのでゆるっとメモ。

当記事ではa-nationとAugusta Camp2016について書いてます。


◆a-nation(味の素スタジアム/2016/8/28)

昨年に続き2度目のa-nationですが、今年もワンマンに自主的に行くことはないだろうな、というアーティストばかりで新鮮。良い勉強になりました。

特に、私が行った8月28日はSKE48の出演がありまして、これまでチャート関連では散々話題にしてきたAKB関連グループをついに生で見る運びとなりまして。楽曲に関してはさすがにあれだけ勢いのある王道アイドルソングがあると、ファンでなくともちょっとウキウキしちゃいますよね。特に「バンザイVenus」なんて初期の頃の曲が聴けたのが良かったです。欲を言えば「ごめんね、Summer」が一番好きなのでそれも聴きたかったですが。そんな感じで曲はまぁ楽しめたんですけど、あまりにも長い自己紹介&レイザーラモンRGの持ちネタ「早くあるある言いたいやつ」をメンバーが披露するくだりはマジで地獄。ただでさえa-nationはアイドルに厳しい現場(ほとんどの客がK-POPやAAAなどのファン)なのに、もう冷え具合が半端じゃなくて、見てるこっちが辛かった…。まぁ、総括すれば、AKB系を見ることもそうないでしょうから、実際に見れてよかったかなって感じですね。

ちなみに、この日で一番の個人的盛り上がりはオープニングアクトのLittele Glee Monsterでした。さすが人気がうなぎのぼりのグループは世間の注目度も違うのでしょうか、オープニングアクトながら登場すると会場からは結構な歓声と拍手が。その他のオープニングアクト&シューティングアクトのアーティストが総じて冷えた反応を観客にされてる中、メインステージでも張れたんじゃないかという勢い。そんなリトグリは挨拶代わりに自身がが出演する「ソニー損保」のCMソングなんかも披露しちゃったりと余裕綽々。そして会場を温めたところで亀田誠治によるあまりにもキャッチーな王道ソング「私らしく生きてみたい」を披露すると、やはり会場からは好反応。ハーモニーを売りにしているだけあって、しっかりしたボーカルですし、これは確かに人気出ますわと納得。

そんな感じのa-nation2016でした。




◆Augusta Camp2016(コニファーフォレスト富士急ハイランド/2016/9/17)

友人といつか行こうと誓いあったオーキャンに満を持して行きました。

というのも、友人が秦基博のファンなので、秦基博10周年スペシャルである今回のオーキャンを逃す手はないということで、はるばる山梨まで足を運びまして。いやぁ、山梨、近いようで遠い。疲れました。でも、山梨まで行った甲斐は十分にあったかなと。

オーガスタキャンプといえば、杏子や山崎まさよし、スキマスイッチ、秦基博などを擁する音楽事務所、オフィスオーガスタに所属するアーティストが一同に会するフェスイベント。

実力と世間の人気を兼ね備えたアーティストも多いので、正直にわか的に盛り上がることも出来まして、私のような浅いファンでもかなり楽しかったです。とりあえず個人的にはスキマスイッチが「ガラナ」か「Ah Yeah!!」でも演ってくれたら最高だなとか考えてたら、まさかの「ガラナ」の途中に「Ah Yeah!!」をぶち込むというトリッキーなプレイを見れたし。

全体を通してはとにかく秦さん歌いまくり。3部構成だったのですが、第1部ではオーガスタのアーティストと秦さんが代わる代わる秦さんの曲をコラボで披露、第2部ではオーガスタのアーティストと秦さんがそのアーティストの曲をコラボで披露、第3部は秦さんのソロコンサートといった内容でした。

生でオーガスタの皆さんを見るのは今回が初めてでしたが、想像通りゆるーい感じの進行で、ただ歌はしっかり聴かせる、みたいな。まったりなフェスでしたね。

コラボではみなさん自分の代表曲を披露してくれるので、そんな深いファンじゃなくてもノレてよかったです。特に杏子さんがBARBEE BOYSの「女ぎつね on the run」をやってくれたのとか、先述しましたけど、スキマスイッチのステージとか、かなり盛り上がれました。

ただし、一番グッと来たのは竹原ピストル。正直、CMで流れる「よー、そこの若いの」のおじさんくらいの印象しかなかったんですけど、彼が秦さんと一緒にやった「Dear Mr.Tomorrow」は本当によかった。上下ジャージで登場とか、気の抜けたトークとか、キャラクター性の高さとうらはらな本気の歌唱がとにかくすげぇなと。とか、思ってたら次の登場で「ちゅちゅちゅ I Want You」とかいうキュートでポップなオリジナルソングをやっちゃうあたりが更に凄い。早くリリースしてほしいです、「ちゅちゅちゅ I Want You」。

あと、ノーマークだったのでいうと、元ちとせもよかったです。第2部終了後に突如始まった「ワダツミの木」には度肝を抜かれました。会場も若干ざわめいてましたけど、結構な衝撃でした。今回の元ちとせは3人組の音楽ユニット、UQiYO(ウキヨ)とのコラボステージだったのですが、「ワダツミの木」がなんかディープなエレクトロアレンジになっていて、アップデートされてるじゃあありませんか。どうやらUQIYOは”有機的で暖かみのあるエレクトロ”を掲げている集団らしく、確かにその通り、沁み込むような深い電子音は元ちとせの世界観を壊すこと無く、上手く融合しているなと感じさせられました。というか、今年の1月にすでにUQiYOと元ちとせのコラボ曲がリリースされてたのね。こちらもいいです。


UQiYO「Ship's feat.元ちとせ」



そして、日も暮れて会場もすっかり暗くなった頃、いよいよ始まった第3部での秦基博のソロライブ。「グッバイ・アイザック」という鉄板曲で幕開けとなりましたが、以降は結構マイナーな曲もありまして、フェス用というよりはほんとに自分のワンマンかのような感じでした。これには秦基博ファンの友人もにっこり。にわかの私も事前に予習したのでその甲斐はあったなと。

無論、にわか的にも、締めのほうで秦さんでは逆に珍しいストレートな盛り上がり系シングル曲「スミレ」からのしっとり聴かせる「朝が来る前に」、そしてみんな大好き「鱗」と、美味しいところしっかりを味わえて言うことなしでした。最後のアンコールで披露された、同じく10周年を迎える長澤知之とのデュエット「僕らの輝き」も泣かせる内容で良かったですし。

そんな感じで楽しかったオーキャンですが、終電の関係もあってラストは全員による「ひまわりの約束」の合唱を聴きつつ会場を去り、会場外で漏れ聞こえる「星のかけらを探しに行こう」を頭だけ聴いて、あぁ、これが終わりにやるお約束のやつね…としみじみ感じつつ山梨を後にしたのでした。


ほんと、行きたいイベントは行ってみるものだなとつくづく思いましたね。こんな楽しいなら横浜でやってた去年行けば良かった!とか思わざるをえなかった…。もちろん、秦基博さんにとって意味のある場所だったから今回は山梨の富士急だったわけで、それは全然いいんですけど、まぁ、それはそれで、次回以降は出来ればまた首都圏内でお願いしたい所存。山梨遠い…。