11/14付のオリコン週間チャートが公表されました。

シングルチャートではKinki Kids「道は手ずから夢の花」が、アルバムチャートでは松任谷由実「宇宙図書館」がそれぞれ初登場首位を獲得しました。

その他、結果を見て気になるアーティストをピックアップします。






◆11/14付シングルウィークリーチャートTOP10

NEW   1位、Kinki Kids「道は手ずから夢の花」…17.6万枚
NEW   2位、℃-ute「夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~」…5.8万枚
NEW   3位、Da-iCE「恋ごころ」…2.9万枚
NEW   4位、BOYFRIEND「Jackpot」…2.9万枚
NEW    5位、でんぱ組.inc「最Ψ最好調!」…2.2万枚
NEW   6位、flumpool「FREE YOUR MIND」…1.5万枚
(1)↓   7位、Hey!Say!JUMP「Fantastic Time」(2週目)…1.4万枚
NEW    8位、麻倉もも「明日は君と。」…1.3万枚
NEW   9位、XOX「Skylight」…1.2万枚
NEW  10位、小倉唯「Future Strike」…1.1万枚




ハロー!プロジェクトのアイドルグループ、℃-uteの「夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~」が2位に初登場。セールスは5.8万枚。℃-uteのTOP10入りは30作連続、通算30作目。

℃-uteは来年6月を以って解散することを発表していますが、今作がラストシングルとは明言されておらず、解散までにもう1作くらいは出る可能性がありますね。同じハロプロで、昨年無期限の活動停止に入ったBerryz工房はラストシングルのセールスが自己最高を記録していましたが、℃-uteにもそういった動きがあるか、次回作に注目です。



℃-ute「夢幻クライマックス」…ハロプロファンを公言する大森靖子による提供曲。


今週も12位までが1万枚を超えており、上位の水準が高い週でした。



<PICK UP>

(22)↑ 13位、星野源「恋」(5週目)…1.0万枚

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌として注目を集める「恋」ですが、5週目も粘りを発揮。セールスは先週より微増となり、TOP10間際まで順位も盛り返しました。累計は今週までで15万枚を突破しています。


(31)↑ 20位、SMAP「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」(2003/3/5)…0.6万枚

「世界に一つだけの花」は今週20位にランクイン。今週は0.6万枚を売上げており、これにより累計は290万枚を突破しました。先週に米米CLUB「君がいるだけで」を超え、歴代5位に浮上した今作ですが、早くも歴代4位の「だんご3兄弟」(1999年 累計291.8万枚)が見えています。


NEW  23位、アルスマグナ「気分上々↑↑feat.SAE TOKIMIYA」…0.6万枚

ニコニコ動画で人気を集める男性ダンス&ボーカルユニット、アルスマグナと、元AKB48の宮澤佐江によるコラボシングルが23位に初登場。セールスは0.6万枚で前作より1.1万枚減少。アルスマグナはデビュー以来、TOP10入りを逃したことがなく今作が初。今作にはこれまであったUNIVERSAL MUSIC STORE限定盤がなく、それがセールスに大きく影響していると思われます。













◆11/14付アルバムウィークリーチャートTOP10

NEW    1位、松任谷由実「宇宙図書館」…5.7万枚 
(1)↓   2位、嵐「Are You Happy?」(2週目)…5.6万枚 
(5)↑  3位、JUJU「スナックJUJU~夜のRequest~」(2週目)…2.3万枚
(6)↑  4位、宇多田ヒカル「Fantome」(6週目)…2.1万枚 
NEW    5位、ザ・クロマニヨンズ「BIMBOROLL」…1.6万枚
NEW    6位、ボン・ジョヴィ「ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール」…1.3万枚
NEW    7位、ヤバいTシャツ屋さん「We love Tank-top」…1.2万枚
(2)↓  8位、ケツメイシ「KETSUNOPOLIS 10」(2週目)…1.1万枚
(8)↓  9位、RADWIMPS「君の名は。」(11週目)…1.0万枚
NEW   10位、板野友美「Get Ready(ハート)」…1.0万枚



アルバムチャートでは松任谷由実がオリジナルアルバムで久々に頂点を掴みました。

松任谷由実の3年ぶり、通算38枚目のオリジナルアルバム「宇宙図書館」はデイリー1位を獲得し続けたものの、2週目の嵐に勝るセールスではなく、僅差で追う展開が続いていました。しかし、デイリー最終日に「宇宙図書館」は粘りを発揮し嵐を逆転。最終的に5.7万枚のセールスを記録し、863枚差で首位を射止めました。松任谷由実は2012年にベスト盤「日本の恋と、ユーミンと。」で首位を獲得していますが、オリジナルアルバムでは首位から遠ざかっており、今作の首位獲得は1997年の「Cowgirl Dreamin'」以来、約20年ぶりとなります。

というわけで、ユーミンがオリアルで久々の首位ということで、「62歳10ヶ月、女性最年長首位獲得」なんていう見出しのニュースも結構見かけましたね。過去のセールスが凄すぎたため、今はパッとしないと思われがちなユーミンですが、2011年の「Road Show」を除いて全てのオリジナルアルバムは累計10万枚を超えるなどセールスはまだまだ第一線レベル。先述のベスト盤や「風立ちぬ」効果でユーミン人気もやや復調しており、前作「POP CLASSICO」では初動6.0万枚を記録するなど、近年は特に好調。現在のアルバムチャートのレベルを考えれば首位はタイミングさえあえば取ってもおかしくない程度の売上げは持っているというところでしたから、今回はタイミングが合ったということでしょう。



松任谷由実「宇宙図書館」


また、今作のリリースを受けてか、「日本の恋と、ユーミンと。」が27位に浮上しています。

※ 27位、松任谷由実「日本の恋と、ユーミンと。」(2012/11/20)…0.3万枚



2位以下、今週は旧譜が多いですね。嵐、JUJU、宇多田、ケツメイシ、RADWIMPSの5作品がTOP10残留。TOP10の半分が旧譜となりました。


6週目となる宇多田ヒカル「Fantome」は先週6位から4位にランクアップ。セールスは2.1万枚で、累計は50万枚を突破し、51.8万枚となっています。



<PICK UP>

NEW  11位、ファンキー加藤「Decoration Tracks」…8359枚

元ファンキーモンキーベイビーズ、ファンキー加藤の2枚目のソロアルバムが11位にランクイン。セールスは0.8万枚で、前作より2.7万枚減少。前作はソロ1作目ということで高い数字が出ていましたが、今作では結構ファンモン流れのファンが離れてしまったのか、大きめのセールスダウンとなり、前作に続くTOP10入りとはなりませんでした。