11/6付のオリコン週間チャートが公表されました。

シングルチャートでは欅坂46「風に吹かれても」が、アルバムチャートでは東方神起「FINE COLLECTION ~Begin Again~」がそれぞれ初登場首位を獲得しました。

その他、結果を見て気になるアーティストをピックアップします。



※作品横に記載のCDセールスは百の位で四捨五入し、丸めた数字となっています。
例)18929枚→1.9万枚

◆オリコンの公式HPはこちら↓
オリコン週間 CDシングルランキング 11/6付(公式)
オリコン週間 CDアルバムランキング 11/6付(公式)










◆11/6付シングルウィークリーチャートTOP10

NEW  1位 欅坂46「風に吹かれても」…64.3万枚
NEW  2位 GENERATIONS from EXILE TRIBE「BIG CITY RODEO」…7.3万枚
NEW  3位 Aqours「未来の僕らは知ってるよ」…6.3万枚
(1)↓ 4位 TWICE「One More Time」(2週目)…2.6万枚
(3)↓ 5位 乃木坂46「いつかできるから今日できる」(3週目)…2.0万枚
NEW  6位 内田真礼「c.o.s.m.o.s」…1.5万枚
NEW  7位 ドラゴンボール超×氷川きよし「限界突破×サバイバー」…1.1万枚
(5)↓ 8位 「THE IDOLM@STER MASTER PRIMAL DANCIN'BLUE Light Year Song」(2週目)…1.0万枚
NEW  9位 UNIONE「ロンディ」…0.9万枚
NEW  10位 miwa「We are the light」…0.9万枚




◆欅坂46が自己最高初動で5作連続首位。

欅坂46「風に吹かれても」が、前作をやや上回る初動枚数64.3万枚で首位を獲得。デビュー以来、5作連続の首位獲得となりました。今週5位には姉妹ユニット、乃木坂46の「いつかできるから今日できる」もランクインしており、こちらは3週目となる今週で累計が90万枚を突破。今週は人気の高まりが止まらない坂道系の勢いを感じる週でした。



◆氷川きよしが歌うドラゴンボール主題歌がTOP10入り

7位にドラゴンボール超×氷川きよし「限界突破×サバイバー」がランクイン。アニメ「ドラゴンボール超」の主題歌として起用されている今作は、氷川きよしとドラゴンボールという異色のコラボが話題を呼び、8月に配信でリリースされた際には配信チャートの上位にもランクインしていました。複数枚で発売されている氷川きよしの普段のシングルと比べると、今作はアニメソングであることに加えて1種リリースのため、やや低い初動ですが、CDとしても初動1.1万枚を記録し、TOP10入りを果たしました。









◆11/6付アルバムウィークリーチャートTOP10


NEW  1位 東方神起「FINE COLLECTION ~Begin Again~」…13.0万枚
(2)↓ 2位 嵐 「『untitled』」(2週目)…4.9万枚
NEW  3位 ポルノグラフィティ「BUTTERFLY EFFECT」…3.1万枚
NEW  4位 倉木麻衣「倉木麻衣×名探偵コナン COLLABORATION BEST 21 -真実はいつも歌にある!-」…2.6万枚
NEW  5位 Fear,and Loathing in Las Vegas「New Sunrise」…1.7万枚
NEW  6位 ASKA「Black&White」…1.5万枚
NEW  7位 布袋寅泰「Paradox」…1.3万枚
NEW  8位 「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 03」…1.2万枚
(4)↓ 9位 DREAMS COME TRUE「THE DREAM QUEST」(3週目)…1.0万枚
NEW  10位 「Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ Drama CD & Original Soundtrack 1 -東京聖杯戦争-」…0.9万枚




◆東方神起、復帰記念ベスト盤で2年10ヶ月ぶりに首位獲得

兵役のため活動を休止していた東方神起の、活動再開を記念したベストアルバム「FINE COLLECTION ~Begin Again~」が首位初登場。初動は13.0万枚で、活動休止前のオリジナルアルバム「WITH」(2014)と比べると10.3万枚の減少となりましたが、約2年10ヶ月ぶりの首位獲得を果たし、活動再開に華を添えました。



◆倉木麻衣×コナンの企画番が4位に初登場

倉木麻衣の、アニメ「名探偵コナン」タイアップソングを集めた企画盤「倉木麻衣×名探偵コナン COLLABORATION BEST 21 -真実はいつも歌にある!-」が4位に初登場。初動は2.6万枚と、倉木麻衣が今年2月にリリースしたオリジナルアルバム「smile」の初動を0.5万枚上回る好調なセールスで、コナンタイアップの効果が上手く働いた結果といえるでしょう。今年は「渡月橋 ~君 想ふ~」のヒットもあり、例年以上に存在感を放っているだけあって、非常にリリースタイミングが的確なベスト盤でしたね。昨年はB'zの「世界はあなたの色になる」のリリースタイミングを逃しまくったビーイングですが、今年は堅実に取りに行ったなという印象です。