_SL1000_





11/27付のオリコン週間チャートが公表されました。

シングルチャートでは関ジャニ∞「応答セヨ」が初登場首位を獲得、アルバムチャートでは安室奈美恵「Finally」2週連続の首位獲得となりました。

その他、結果を見て気になるアーティストをピックアップします。







※作品横に記載のCDセールスは百の位で四捨五入し、丸めた数字となっています。
例)18929枚→1.9万枚

◆オリコンの公式HPはこちら↓
オリコン週間 CDシングルランキング 11/27付(公式)
オリコン週間 CDアルバムランキング 11/27付(公式)









◆11/27付シングルウィークリーチャートTOP10

NEW  1位 関ジャニ∞「応答セヨ」…21.9万枚
NEW  2位 315 STARS「Reason!!」…6.1万枚
NEW  3位 「うたの☆プリンスさまっ♪Shining Live テーマソングCD(Shining☆Romance/FORCE LIVE)」…4.5万枚
NEW  4位 Aqours「勇気はどこに?君の胸に!」…3.7万枚
NEW  5位 嵐「Doors ~勇気の軌跡~」(2週目)…3.6万枚
NEW  6位 UNISON SQUARE GARDEN「fake town baby」…2.6万枚
NEW  7位 CHEMISTRY「Windy/ユメノツヅキ」…1.4万枚
NEW  8位 夢みるアドレセンス「20xx/Exceeeed!!」…1.3万枚
STAY→ 9位 欅坂46風に吹かれても」(4週目)…1.1万枚
(12)↑ 10位 乃木坂46「いつかできるから今日できる」(6週目)…1.1万枚



<PICK UP>

NEW 11位 BUCK-TICK「BABEL」…1.0万枚

50外↑ 14位 安室奈美恵「ALARM」(2004/3/17)…0.7万枚



◆安室奈美恵「ALARAM」が13年ぶりにTOP20にランクイン

安室奈美恵の引退宣言を端にして、過去作品が急浮上したのはいくつか見受けられましたが、今週は14位に安室奈美恵「ALARM」がランクイン。「ALARM」は2004年にリリースされたシングルで、安室奈美恵の歴代作品の中で唯一TOP10を逃した作品(最高11位)。今回の引退宣言を受けて、ファンの間でTOP10入りさせようという企画が持ち上がり、購買運動が行われた結果、TOP10は逃したものの、0.7万枚を売り上げてTOP20返り咲きとなりました。


【雑感】
とりあえず我らが暗黒おじさんバンド、BUCK-TICK「BABEL」が11位に初登場してます。6週目の乃木坂46に555枚及ばず11位という結果が、30年目も安定のBUCK-TICKぽいです。



BUCK-TICK「BABEL」









◆11/27付アルバムウィークリーチャートTOP10

STAY→
1位 安室奈美恵Finally」(2週目)…32.2万枚
NEW  2位 西野カナ「LOVE it」…8.0万枚
NEW  3位 GOT7「TURN UP」…3.4万枚
(2)↓ 4位 米津玄師「BOOTLEG」(3週目)…1.7万枚
(3)↓ 5位 テイラー・スウィフト「レピュテーション」(2週目)…1.2万枚
NEW  6位 田村ゆかり「Princess Limited」…1.2万枚
(5)↓ 7位 Seventeen「Teen,Age:Seventeen Vol.2」(2週目)…1.0万枚
NEW  8位 Wanna One「1-1=0(Nothing Without You)Repackage」…0.9万枚
(7)↓ 9位 嵐 「『untitled』」(5週目)…0.8万枚
(13)↑ 10位 DJ和「ラブとポップ ~好きだった人を思い出す歌がある~ mixed by DJ和」(14週目)…0.6万枚




【雑感】
安室奈美恵のラストベスト「Finally」が2週目も首位を獲得。今週のセールスは32.2万枚で、累計は143.5万枚。2週目も完全に次元の違うセールスとなっています。2位の西野カナは不運でしたね。8.0万枚と、前作より数字は下げているものの、まだまだ1位安全圏のセールスながら、首位が4倍のセールスとなってしまってはしょうがないところ。デイリーで1日も首位を譲らなかった安室奈美恵に女王の貫禄をみました。