5/28付のオリコン週間チャートが公表されました。

本記事では、チャートインした作品の中から気になるものをピックアップし、完全な独断と偏見による雑感を述べます。


今週のピックアップは以下の通り↓

<アルバム>

sora tob sakana「alight ep」


<デジタル>

米津玄師「LOSER」

西城秀樹「ブルースカイブルー」



※作品横に記載のCDセールスは百の位で四捨五入し、丸めた数字となっています。
 例)18929枚→1.9万枚

◆ランキングはオリコンの公式HPでご確認ください↓
オリコン週間 CDシングルランキング 5/28付(公式)
オリコン週間 CDアルバムランキング 5/28付(公式)





<アルバム>

◆sora tob sakana、メジャー初作品がランクイン

今週の推薦盤です。ポスト・ロックバンド、ハイスイノナサの照井順政がプロデュースする女性アイドルグループ、sora tob sakana(ソラトブサカナ)の「alight ep」が29位に初登場しています。初動は0.2万枚。sora tob sakanaは今作がメジャーデビュー作。これまではインディーズで作品をリリースしてきましたが、そのテクニカルな楽曲でアイドルファンを中心に人気を集めていました。

sora tob sakana「alight ep」



<デジタル>

◆CM効果で急上昇!米津玄師が1位、2位独占

米津玄師が2016年9月にリリースした「LOSER」が週間2.0万DLを記録し、前週のTOP30外から急浮上。2位にランクインしました。これにより、米津玄師は「Lemon」と「LOSER」で1位、2位を独占しました。急浮上の理由は「LOSER」が大手車メーカーのホンダ「Jade」のCMソングに起用されたためです。「LOSER」は大ブレイクの直前の楽曲だったため、このような形でスポットが当たり、改めてのヒット作となっています。

米津玄師「LOSER」


◆訃報受け、西城秀樹TOP10入り

突然の訃報を受け、西城秀樹の作品が圏外から急浮上しました。特に「ブルースカイブルー」は8位にランクイン。週間DL数は0.7万。また、幅広い世代に知られる代表曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」も21位にランクインしています。iTunesでは70年代、80年代の楽曲をまとめたベストコレクションが配信されており、その収録曲がいくつも上位に浮上する現象が見られました。



【終わりに】
今週のアルバムチャート、首位は先週3位だったEXOの派生ユニット、EXO-CBXでしたが、そのセールスは1.4万枚。強力新譜もなく、超低レベル週となりましたが、その影響もあってか、ceroが自己最高位を獲得したり、2次元男性アイドル2作品、THE PRIMALS(ファイナルファンタジーのサウンドディレクターによるバンド)、SUPER FANTASY(男性地下アイドル)などがTOP10入りを果たしたりと、なかなかバラエティに富んでいたかなというところ。今週は以上です。