11/19付のオリコン週間チャートが公表されました。

本記事では、チャートインした作品の中から気になるものをピックアップし、完全な独断と偏見による雑感を述べます。


今週のピックアップは以下の通り↓
<アルバム>

「ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)」


<デジタル>


OxT「UNION」









※作品横に記載のCDセールスは百の位で四捨五入し、丸めた数字となっています。
 例)18929枚→1.9万枚

◆ランキングはオリコンの公式HPでご確認ください↓
オリコン週間 CDシングルランキング 11/19付(公式)
オリコン週間 CDアルバムランキング 11/19付(公式)







<アルバム>

ボヘミアン・ラプソディのサントラが初のTOP10入り

洋画、とりわけ音楽を題材にしたもののサントラがヒットする流れがこの数年で続いていますが、今年はイギリスの伝説的バンド、クイーンを題材にした「ボヘミアン・ラプソディ」がそのポジションにつきそうです。10月29日付で24位に初登場していましたが、11/9に日本で映画が公開されてから勢いを上げて今週ついにTOP10入りを果たしました。4週目となる今週のセールスは0.9万枚で、累計は1.6万枚。今後、どこまで伸びていくのかに注目です。

「ボヘミアン・ラプソディ」予告映像



<デジタル>

◆オーイシマサヨシがまたも快進撃

抜群のポップセンスを発揮し、アニソン界で飛躍したオーイシマサヨシ。今度は自身が属するユニット、OxTでヒットを放ちました。アニメ「SSSS.GRIDMAN」のオープニングとして起用されたOxTの「UNION」がデジタルシングルランキングで2位を獲得。初動は4.3万DL。同発のback numberには及ばかなかったものの高いセールスを記録しました。オーイシマサヨシ節が炸裂した楽曲であることはもちろん、アニメ自体も円谷プロの特撮ドラマ「電光超人グリッドマン」を原作とした作品として注目を集めていることも今回のヒットに繋がったと思われます。


OxT「UNION」



今週は以上です。